RG ガンダムMk-II(エゥーゴ)のレビュー

ガンプラ

どうも、やまもー(@yamamoo_blog)です。

すみません、ひさびさの更新となりますがRG ガンダムMk-II(エゥーゴ)のレビューをしたいと思います!

それぞれのレビュー

それでは写真で解説したいと思います。

正面と後ろ

RGのガンダムMk-IIはかなり評判が高いです。

原作のMk-IIの特徴をしっかりと再現しています!

左右から

左右から見てもあまり特徴らしい特徴はありませんが全体的にシンプルにまとまっていて情報量も押さえられています。

特徴がないのが特徴ですね!

縦方向の腕の可動範囲

腕は問題なく上まで上げることができ、ビームサーベルを引き抜く動作も再現可能です。

劇中のようなポーズを再現できる可動範囲はすばらしいです!

横方向の腕の可動範囲

腕を水平に伸ばすことができますがあまり伸ばしすぎると肩アーマーが外れるのが難点です。

足の可動範囲

足の可動ですが横にも縦にも限界まで広げることができます。
さらに3枚目の画像のように正座をしても太もものパーツが連動してスライドするのでパーツに干渉することがありません。

フル装備状態

Mk-IIに付属している装備をすべて装着した状態です。

腰のサイドに装着されているのがハイパー・バズーカーのパックです。
劇中もこのスタイルで活躍していました。

機体解説
元々はティターンズが開発したMSだったがエゥーゴが強奪し、色を変えて実戦投入してデータを集めZプロジェクトの進展にも貢献した。
ティターンズ側ではすでに旧式扱いされていたMk-IIだったが専用のオプションなどの開発により当時の最新鋭機に匹敵するポテンシャルを発揮して最後まで戦い抜いた。

MSの発展に貢献した功績が大きすぎますね。

付属武器・パーツ

武装の解説は次の項目で紹介します。

ビーム・ライフル

ビーム・ライフルの下のエネルギーパックは取り外しできるようになっています。

武装解説
エネルギーパック方式を採用し、マニュピレーターからのエネルギー供給機構をオミットされています。
また、モード変更により出力の調整が可能となっており最大出力であれば3発ほど、通常の運用であれば7発程度のエネルギー容量をもっています。

ハイパー・バズーカー

3枚目の画像のように肩に乗せて安定性を上げているためポロリなどはありません。
また、予備のパックが一つ付いていて着脱可能です。

武装解説
連邦で採用されている標準的な兵装で腰部にマウントラッチすることができ通常弾の他に散弾や各種榴弾も使用可能となっています。

シールド

伸縮可能なシールドが付属しており、シールドの裏にはビーム・ライフルのエネルギーパックの予備を装着することができます。

武装解説
表面に耐ビームコーティングを施されていて数度のビームの直撃を減免することができます。
また。裏面にはエネルギーパックやミサイル・ランチャーも装備することができ拡張性の高さがあります。

頭部バルカン・ポッド

はめ込み式の形で装着しています。

武装解説
左側が2門の銃口を備えたサブセンサー装備の機関部で、右側が弾倉兼カウンターウエイトとして機能します。

ガンダムMk-II(エゥーゴ)のポージング

ガンダムMk-II(エゥーゴ)のポージング画像を紹介します。

まとめ

今回は、RG ガンダムMk-II(エゥーゴ)のレビューでした。

ガンダムMk-IIはメッシュとリード線を規定の長さに切ってパーツにはめ込むという作業が思ったよりも苦戦しました。
しかし、本機の完成度はすばらしく劇中のポーズも難無く再現することが出来るのでHG ガンダムMk-II(エゥーゴ)かRG ガンダムMk-II(エゥーゴ)を購入するか迷ったらぜひRGを購入してみてください!

今回紹介したガンプラはこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました