RG ガンダムエクシアのレビュー

ガンプラ

どうも、やまもー(@yamamoo_blog)です。

RG ガンダムエクシアのをレビューしたいと思います。

それぞれのレビュー

それでは写真で解説したいと思います。

正面と後ろ

ダブルオーからガンダムエクシアがRGに登場しました。

いつものエクシアより太ももが大きく設計されていますね。

上半身は細身下半身はガッチリとした印象です。

左右から

コンデンサーもクリアパーツでしっかりと再現されていてケーブルもオーロラパーツで再現されています。
モールドの主張もそこまでなく適切な量だと思います。

ダブルオー系の特徴がしっかりと再現されています。

縦方向の腕の可動範囲

腕は特に干渉することもなく上まで上がります。
肩の後ろに装着されているGNビームサーベルも画像のように腕を回しグリップを握ることができます。

ビームサーベルを引き抜く姿を再現できるのはいいですね。

横方向の腕の可動範囲

腕の可動範囲ですが肩アーマーとオーロラパーツの影響で画像のようにしか上がりません。
これ以上に上げようにとすると肩パーツが外れます。

腰に装備されているGNビームサーベルは画像のようにグリップを掴める余裕があるぐらい腕が可動します。

足の可動範囲

足は横に広げることはできますが太ももが大きいので1枚目の画像までしか広げることができませんがかなり無理しているためここまで広げないほうがいいかもしれません。

前方向にも太ももが大きいので2枚目の画像のようにしか伸ばすことができません。

足は太ももの大きさがネックになってるみたいです。

セブンソードを装備

セブンソードを装備した状態です。

腰にGNブレイドロングとGNブレイドショートを装備して腕にはGNソードが装着されています。
特にパーツが外れやすい事や腰に装着された装備も邪魔になる事は無く、きれいにまとめられています。

武装解説
ソレスタルビーイングのガンダムの中で唯一実体剣を装備してるエクシアですが理由としては太陽炉搭載型のモビルスーツとの戦闘を想定しているとのことでその時に切り札となるのがエクシアだと劇中で語られています。

GNフィールドは実体剣なら貫けるという事で近接特化の機体です。

付属武器・パーツ

武装の解説は次の項目で紹介します。

GNソード

GNソードを展開した画像

RGシリーズではGNソードの刃は銀メッキで再現されました。
また、銃部分の接続はヒンジ関節になっています。

武装解説
実体剣とビームライフルとシールドを一体化させた武装。

切れ味は凄まじく大型MAの装甲も貫いくことができるがその反面、武装が大きいため取り回しに難があり、広範囲な可動域がないMSではまともに扱うことが出来ない。

GNブレイドロング&ショート

RGでは刃はGNソードと同じく銀メッキのパーツで再現されています。
刃やグリップは差し込み式ですが各パーツがしっかりしているのでポロリと取れたりはしません。

武装解説
太陽炉搭載型のモビルスーツ対策
として作られた実体剣。

GNソードと同じく装甲を簡単に貫く事が出来るほど切れ味が鋭いが調整に時間をかけ過ぎた為、劇中では少し後に装備される。

GNサーベル&ダガー

ビームサーベルの刀身が2本ずつ付属しています。

武装解説
太陽炉搭載機に標準装備されているビームサーベル。
実体剣より威力はあるが条件によっては粒子が拡散して安定した運用をできない場合があるのでそれを考慮して粒子が拡散しにくいように刀身を短くしたGNビームダガーがある。

GNシールド

RGではジョイントに位置を決めれるの好きな位置に装着できます。

武装解説
太陽炉搭載機に標準装備されているシールド
ソレスタルビーイングが使うシールドは他陣営に比べ強度面では劣るがシールドの表面にGN粒子をまとわせる事でビーム兵器を防ぐ強度を誇る。

交換手首3種類

オプションパーツとしてエクシアに装着しているハンドパーツ以外も付いてきます。

エクシアのポージング

エクシアのポージング画像を紹介します。

まとめ

今回はRG ガンダムエクシアのレビューでした。

シールのように薄いオーロラパーツを組み込んで作っていくというのは他のガンプラには無い仕様だったので結構苦戦しました。
合わせ目なども殆どなくて素組でも高クオリティーの仕上げになっています。
ちょっと気になったのはGNロングブレイド&ショートを装着させるギミックで太ももの付け根にあるので結構取り出しにくく破損の危険があるのでこれから作る方は気を付けてくだいさい。

今回紹介したガンプラはこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました