HGUC RGM-79 GM(ジム) レビュー

ガンプラ

どうも、やまもーです。

おまたせしました!HGUC RGM-79 GM(ジム) のレビューです。

それぞれのレビュー

それでは写真で解説したいと思います。

正面から見た図

正に簡易版ガンダムと言わんばかりの風格ですね。

後ろから見た図

連邦軍標準のシールドを背中に装着することができます。

左から見た図

すっきりした体形をしているのでシールドの存在感がすごいです。

右から見た図

左と同じですね。

縦方向の腕の可動範囲

腕の可動範囲ですがビームサーベルがぎりぎり握れるぐらいまでしか回りません。

横方向の腕の可動範囲

ボールジョイントでは無いので腕は水平方向までしか上がりません。

足の可動範囲

フロントスカートはポリキャップで縦方向に動くようになっているためある程度の自由があります。

頭部の可動範囲

こちらは首はボールジョイントではありますが頭部は左右にしか動きません。
画像は最大まで首を回転させてます。

付属武器・パーツ

左からビーム・サーベル、ビーム・スプレーガン、ビーム・スプレーガン用ハンドパーツ、ポージング用ハンドパーツ。

ジムのバックパック(通称:ランドセル)にはビームサーベルが1つ装備されています。

ビーム・スプレーガン

ビーム・スプレーガンを専用のハンドパーツで装着した図です。
RX-78ガンダムが持っているビームライフルに比べて射程は短いですが近距離では威力が高いです。

ビーム・サーベル

ビーム・サーベルを装着した図です。
色が塗られていませんが本当はビームの部分がピンク色です。

ちなみにジムに装備されているビーム・サーベルはRX-78ガンダムと同等の性能なので量産型でありながらザクを一撃で貫いた武器を持っているのはジオンにとって脅威ですね。

最後にジムのポージング

以上、HGUC RGM-79 GM(ジム) のレビュー編でした。

結構古いガンプラなので今と比べたら可動範囲もあまりなく、面白みに欠けるかもしれません。
しかし何とこのガンプラは600円程で購入できるため、塗装、スミ入れ、合わせ目消しなど初めて挑戦する作業の練習としては最適です!

今回はスミ入れまでしたジムをレビューしたいと思うのでお楽しみに!

今回紹介したガンプラはこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました