HGCE ウィンダムのレビュー【ランナー編】

ガンプラ

どうも、やまもー(@yamamoo_blog)です。

今回はHGCE ウィンダムのランナーのレビューをしたいと思います!

先ずはパッケージから

パッケージはジェットストライカーを装備して量産機らしく数で圧倒するように無数のウィンダムがイラストされています。

パッケージ横にはウィンダムの装備やアクションポーズが描かれています。最近の量産機のパッケージ横にはFine Build(簡単組立)の表示があるようで複数購入しても簡単に組み立てができるように簡易な作りになってるようです。

いざ開封!

全部で3袋分のランナーがはいっています。

説明書はいつも通りになります。

裏にはウィンダムの開発経緯や武装の説明があります。

それではランナーの紹介をします。

ランナーレビュー

Aランナー

足や胴体、ジェットストライカーのパーツなど様々ですね。

Bランナー

ホワイト一色で構成されています。パーツは腕や足、ビームサーベルの柄が見えます。

Cランナー

足の裏のパーツやビームライフルなどのパーツになります。

ポリキャップ

ポリキャップはPC-002を使用しています。

ビームサーベル

通常のビームサーベル

シール

シールはちょっと多いくらいですね。主にジェットストライカーに貼ります。

まとめ

なぜ今まで出なかったのか不思議なぐらいのウィンダムでしたが現在の技術でキット化されましたね。ここからネオ機や色々なストライカーパックが登場すると思うのでどこまでキット化するのか楽しみですね!本体のレビューも完成次第するのでお楽しみに!

今回紹介したガンプラはこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました