HGCE インフィニットジャスティスガンダムのレビュー

ガンプラ

どうも、やまもー(@yamamoo_blog)です。

今回はHGCE インフィニットジャスティスガンダムのレビューをしたいと思います!

それぞれのレビュー

正面と後ろ

ついにHGCEでインフィニットジャスティスガンダムが立体化されました。HGBDジャスティスナイトのパーツが一部流用されているようです。

関節は最近流行りのポリキャップレスでKPSが使われている構造になっています。
ジャスティス系の特徴として大きい背負いものがあるのですがちゃんと自立することが可能です。

続いてファトゥム01を外した状態。
背負いものが無くなったのですっきりとしたプロポーションになりました。

こちらはファトゥム01を展開した状態。
なんとこの状態でも自立することが可能で特にぐらぐらすることもなく安定してます。

頬のグレーや機関銃の部分は分割パーツとなっており頭部はかなり細かく出来ています。

胸部のグリーンの部分が分割されていますがダクト内部は色分けがされておらずシールで補助する形になります。

縦と横方向の腕の可動範囲

縦方向は特に干渉する事もなく真上に上げることができます。

横方向にはパーツが邪魔をするので画像までしか上げることが出来ません。

腕部は合わせ目はないですが分割パーツです。
段落ちモールドとなっています。

 

足の可動範囲

横方向にはサイドアーマーを上にあげる事で限界まで足を横に広げることができます。

前にはリアアーマーのロックを外す事で限界まで前に広げることができます。

画像のようにリアアーマーのロックを外して別の軸穴に挿す事によって関節を開いた状態で固定化することができます。

あしのすねにはグリフォンビームブレイドを装着する為の穴があります。また、色分けも複数のパーツを使っています。

ファトゥム01

ファトゥム00よりシンプル化したバックパック。
こちらも複数のパーツを使って色分けされています。

ブースターの根本を曲げたりと角度をつけることができます。

ハイパーフォルティスビーム砲の軸は可動するため頭部のアンテナに干渉するということはありません。


対装甲ナイフ。
展開することで突撃状態を再現することができます。また分離したバックパックにぶら下がることもできます。

グリフォン2 ビームブレイド。
翼の前面に付ける形で再現されています。

付属武器・パーツ

全てのパーツを装着した状態。

高エネルギービームライフルは2色使っての再現。
ピンクのラインはシールで補われているので気になる方は塗装必須です。

高エネルギービームライフルのフォアグリップとスコープは可動します。

ビームキャリーシールド。
HGながらシールドについているシャイニングエッジビームブーメランを分離させることができます。

三角の部分はシールで補います。

ビームシールドは濃ゆい水色です。

シャイニングエッジビームブーメラン。
シールドに装備した状態でビームサーベルのように展開することができます。

取り外すことでビームブーメランにすることもできます。

グラップルスティンガー。
リード線をつけて再現することができますが垂れ下がりやすいのが難点です。

シュペールラケルタ・ビームサーベル。
通常のビームサーベルが2本付属

アンビデクストラスハルバードモード。
こちらの状態にするにはあらかじめに連結されているグリップがあるのでそちらを持たせてビームサーベルの刃を付けることで再現できます。

グリフォンビームブレイドは足に取付て再現することができます。左右どちらも付けれるようにビーム刃が2本ついていきます。

まとめ

今回はHGCEインフィニットジャスティスガンダムのレビューでした。

HGとは思えないプロポーションと色分けと可動範囲で驚かされました。
ファトゥム01もギミックが多いため本体と含めるとかなり遊びごたえのあるキットとなっていて凄くおもろいキットなのでおすすめです。

今回紹介したガンプラはこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました