HGBD:R ユーラヴェンガンダムのレビュー 【ランナー編】

ガンプラ

どうも、やまもー(@yamamoo_blog)です。

今回はHGBD:R ユーラヴェンガンダムのランナーのレビューをしたいと思います!

先ずはパッケージから

パッケージはコアガンダムⅡとウラヌスアーマーが奥で飛翔しており、手前にはコアドッキングしたユーラヴェンガンダムが描かれています。

パッケージ横には各武装の紹介が書いてあります。コアドッキングカスタムではアースリィを例に紹介されていますが以前初回したHG ジュピターヴガンダムとの互換性もあります。

いざ開封!

全部で3袋分のランナーが入っています。

説明書のフォーマットは変わらず。

裏には武装解説と機体解説が記載されています。

ランナーレビュー

Aランナー

コアガンダムⅡの胴体、肩とシールド部分のパーツが主で色分けされたランナーになります。

Bランナー

ウラヌスアーマーのみのランナーになります。

Cランナー

コアガンダムⅡの脚部や武器のランナーです。

Dランナー

ビームシュートライフルU7のパーツやウラヌスアーマーの台座パーツのランナーです。

Eランナー

センサービットやウラヌスアーマーの膝部分に使われるランナーです。

シールとその他付属品

ポリキャップはおなじみのPC-002でシールは主にセンサー部分に使われます。

まとめ

発売して少し経ちますが今回はHGBD:R ユーラヴェンガンダムのレビュー 【ランナー編】でした。
劇中での設定では新規のアーマーではなく元々存在自体はしていたようですね。なので旧コアガンダムとの互換性があるので遊び幅がかなり増えましたね。

今回紹介したガンプラはこちら!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました