HGAW ガンダムダブルエックスのレビュー

ガンプラ

どうも、やまもー(@yamamoo_blog)です。

今回はHGAWガンダムダブルエックスのレビューをしたいと思います!

それぞれのレビュー

それでは写真で解説したいと思います。

正面と後ろ

旧キットのダブルエックスとは違い、最近のHG基準で設計されています。
プロポーションなどは程よくデザインされていてサテライトキャノンもちょうどいい大きさになっています。

サテライトキャノンの可動軸はボールジョイントで接続。
ウィングもポリキャップで接続されているので自由に動かすことができます。

サテライトキャノン単体のパーツです。接続の為のボールジョイントがついています。

アンテナの赤い部分はシールで補われているのでシールが嫌な人は塗装必須です。

ガイドレーザー受信部はクリアパーツの内側に銀色のホイルシールを貼っています。

縦方向の腕の可動範囲

特に干渉する部分もなく自由に上げることができます。

横方向の腕の可動範囲

特に干渉したりは無いですが腕のラジエータープレートのせいで限界があります。

ラジエータープレートは差し替えなしで展開することができます。

足の可動範囲

サイドアーマーがついているため可動範囲は若干低めです。画像以上に広げようとすると再度アーマーが取れます。

前方向には干渉するものがないので自由に動かせます。後ろ方向には動かせない仕様となっています。ただ、股関節は多重ジョイントなので自在に動かすことができます。

足のラジエータープレートは腕についてるものと同じで差し替えなしで展開させることができます。

付属武器・パーツ

付属品はバスターライフル、ディフェンスプレート、ビームソード刃×2、右の銃持ち手が付属します。

色分けがされておらず、シールを張らなければ銃口以外は白一色になります。

シールドは赤部分が別パーツとなっています。

ライフルの持ち手は右腕のみ専用のハンドパーツがついています。

ビームサーベルは2本同じものがついています。

逆手もちも可能です。

背面のリフレクターは下地がモールドで金色のシールで再現されています。

砲身は引き伸ばすと、肩のセンサーをサテライトキャノンに固定することができます。

肩と足のラジエーターをすべて展開してツインサテライトキャノン発射形態の完成です。
すべてのパーツを差し替え無しで展開できるのはすごいですね!

背面はこんな感じです。

まとめ

今回はHGガンダムダブルエックスのレビューでした。

最近のHGということでプロポーションも良く、差し替えなしで展開できるツインサテライトキャノンなど大変満足のいくキットになっていました。ただ、シールが結構多いので気になる方は塗装してみてもいいと思います。色分け自体はそんなに多くないので原作の色を完全に再現してみてはいかがでしょうか。

今回紹介したガンプラはこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました