ワークポートの評判は?実際使ってみた感想

IT

どうもやまもーです。

今回は実際私が使っている転職エージェントの感想を書きたいと思います。
転職を考えられてる方はぜひ参考にしてみてください。

ワークポートって何?

ワークポートはIT業界の求人に特化した転職サポートです。

強みとしては3つあります。

  1. 未経験でIT業界を目指せること
  2. 応募できる求人の数が多い
  3. サポートが手厚い

と言った感じです。

求人を紹介と応募

まずは会員登録

以下の公式サイトから無料で会員登録ができます。

名前や住所、簡単な職務経歴を入力して会員登録が完了となります。
その後は面談の日程調整のメールが届きます。そちらに都合のいい日を入力して完了です。

担当のコンシェルジュと面談

当日は私服でも大丈夫です。

面談場所は各ワークポートの支店で行われます。

そこで担当のコンシェルジュとヒアリングをして希望する職種や今までの経歴を聞かれます。

その後は今後の流れの説明とコンシェルジュの方がある程度希望に合う条件の求人を見せてくれるのでその場で気に入った求人があれば応募できます。
それ以降の求人はeコンシェルに随時追加されていく形になります。

eコンシェルの登録と求人の応募

ワークポートではeコンシェルと言う独自のアプリを使って求人に応募することになります。
面談後にIDとパスワードが発行されます。

コンシェルジュとはeコンシェルを使ってラインのようにやり取りをする事ができ、求人の応募時は直接企業に応募されるのではなく担当のコンシェルジュに通知が行き推薦状を添付した履歴書・職務経歴書をコンシェルジュが応募した求人の企業に送ると言う流れになります。

ワークポートの評判(メリット・デメリット)

メリット

IT業界の求人数が多い

経歴が長いのでIT業界の繋がりがあり、幅広く求人を持っています。

専用のアプリで簡単に応募できる

ワークポートはeコンシェルという専用アプリを使って気になる求人に簡単に応募できます。
また、ワークポートが保有してる求人を検索することもでき、検索に使った条件も保存して呼び出すこともできます。

書類選考無しで1次面接にいける場合もある

ワークポートでは求人を出している採用担当の方を自社に呼び履歴書と職務経歴書を見てもらい興味をもたれた方は1次面接になります。

コンシェルジュを変えることができる

ワークポートでは担当のコンシェルジュが1人いますがその方とどうしても合わないと思った場合担当のコンシェルジュを変えてもらうことができます。

ワークポート内の無料のスクールに通える

ワークポート内に無料のスクールがあるのでそちらに通えば勉強しながら転職活動をする事ができます。もしも別のスクールに通いたい場合は下記の記事も参考にしてください。

無料あり:おすすめプログラミングスクール

デメリット

IT業界以外の求人は弱い

ワークポートはエンジニアになりたい人が使うべき転職エージェントでエンジニア以外の職につきたい場合は他の転職サポートを使うことをオススメします。

対応が事務的

求人を数多く応募するので仕方ない部分なのですが親身にサポートして欲しい方からすると事務的で冷たい印象を持たれる方がいらっしゃるかも知れません。

数打てば当たる戦法

ワークポートではとにかく数多く求人を応募させます。

それが自分に合っているのか合ってないのかなど関係なく応募するのでじっくり選びたい人にとってはストレスに感じるのかも知れません。

実際使ってみた感想

感想としては求人の応募は簡単でいいなと思います。

しかし未経験で求人を探し数多く応募しても、1社書類選考に通るのがやっとだったり、ワークポートで応募して書類選考で落ちた求人を個人で応募して書類選考が通ったりと本当に推薦してくれてるの?と思ったりすることもあります。

また、担当者の品質のばらつきが多いのも事実ですが担当者は言えば変えることが可能です。
しかし無料で利用できるので気になる方は使ってみて自分にあっているか確かめてみるのもいいかもしれません。

今回紹介したサイト!

コメント

タイトルとURLをコピーしました